<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

雪山(くじゅう山)   

2009年 12月 23日

山仲間のブログを見ているとみんな雪山を楽しんでいるようです。
寒波は去りましたがライブカメラで確認するとくじゅうの山には雪が見えています。

日曜日のピンポイント天気予報でも「晴マーク!」
これは行くしかないと急いで雪山仕様の用意をし牧の戸峠を目指して出発です!
高速道路上では天気も上々気分も上々。朝日が眩しい。

九重インターを降りると結構雪も残っていて良い感じです。
久しぶりの雪山登山にワクワク。


b0168843_11275618.jpg



b0168843_11281079.jpg


だが、しかし・・・だんだん、くじゅうに近づいて行くとなんだか怪しい天気に・・・・
遠くに見えるくじゅう連山の上の方にもガスが・・・
長者原の駐車場ではまだ青空も見えていましたが牧の戸峠に着くとガスで真っ白です。

しかし天気予報では晴れ!・・・・その内いい天気になるはずと気を取り直して
アイゼンを装着していざ出発!
サクサクと久しぶりの雪を踏みしめながら歩き始めます。

15分ほどで展望台に着くと凄い風です。
それにしてもこの暑さは何だ。
寒いと思い雪山バージョンの格好をしている関係もあるけど
周りは雪景色なのに汗ばんできます。
沓掛山の温度計を見ると+5度、暑いはずです。

このあたりから何とポツポツとみぞれ交じりの雨が降ってきました。
周りは何も見えないし、風は強いし雨は降り出すしでだんだんと気力がなえてきました。

でも、せっかくここまで来たので、とりあえずいけるところまで行って
あったかい味噌汁でおにぎりでも食べて戻ろうと思いました。

ところが・・・・
あっ!と、すごく大変なことに気がついたのです。








b0168843_11282236.jpg


「おにぎりを車の中に忘れてきた!」

もう、ダメです。完全に意気消沈。
扇ヶ鼻分岐まで行ってそくさくとUターン。
いつもの温泉「きずな」にゆっくり浸かって帰宅しました。

今回は残念でしたが多少雪景色は見れたし久しぶりのアイゼン装着で雪道を歩けたので
よしとします。

登山には「おにぎり」はすごく大事だという事もよーく分かった一日でした。
[PR]

by haru3yama | 2009-12-23 23:00 |

登山家 田部井淳子 講演会   

2009年 12月 20日


b0168843_17185948.jpg
b0168843_17192459.jpg


12月20日 日曜日
NHK趣味悠々 登山入門でおなじみの
登山家 田部井淳子さんの講演会にいってきた。
参加者は少ないのではと思っていたがほぼ満席、400人くらいで大盛況だった。
中々話しも面白く数時間があっという間に過ぎていった。

まず話しの中のひとつ、NHKの登山入門の番組収録のエピソードで
最初今回のアシスタントさんが「ルー大柴さん」と聞いたとき「ルー大柴さん」なるものがどんな方か全く知らなかったので「あぁ、今回は外国の方なのだな」と思ったそうだ。
ところが会ってみると日本人なのか外人なのか、わからない変なおじさんだった。(笑)
「いっしょにトゥギャザーしましょう」、「藪からスティック」などと言われてなんだこりゃーとびっくりしたそうだ。
彼は全くの登山初心者だったが番組の収録後から山に目覚められたらしく「田部井さん! こんどはどこに登りますか?」と頻繁に電話があるそうだ。
そのあまりにもの情熱(しつこさとも言うが)にとうとう根負けして(笑)来月一緒に登ることになったらしい。

その他、いろんな興味深い話しをされた。
特に印象に残った話しとしてアルプスの氷河が後退している事とエベレストのゴミ問題というのがあった。
25年前に登ったときのエベレストの写真と現在の写真をスライドで説明されていたが一目瞭然25年前氷河のところが現在は黒い岩肌が見えているやはり氷河後退は地球温暖化が問題なのだろか?
又、エベレストで酸素ボンベが何百本と捨ててある写真を見たがこれは素人目で見てもひどいなと思った。
ヒマラヤ、エベレストというと大自然でとても綺麗で絶景というイメージがあったが
それがもろくも崩れていく・・・・
日本の富士山のゴミもひどいらしい、世界的な登山家メスナーが富士山を世界一汚い山と言っていたらしいが世界遺産に登録されないのもこのゴミ問題が原因のひとつとの事。

田部井淳子さんは小柄な方だが年間に海外登山のため約80日、国内の登山約60日くらい使っているとの事。
今後の目標は2020年までに世界の国々の最高峰に全部登ること。
現在国連加入の192カ国中57峰は登っているので残り140峰位。
その他、インドネシアの山奥の資源の乏しいところで
りんごの木を植えるボランティア事業や、山岳環境保護・ゴミ問題等にも熱心に取り組まれている。
山以外では趣味でシャンソン、ピアノ等も習っているとの事。

彼女は何か目標を持ってやっていると足の先の方からずずーっとアドレナリンが湧き上がってくるそうだ。

残り少ない人生だがせっかくこの世に生まれてきたからには、
最後の日は 「あぁ、生まれてきて本当に良かったなぁ」と悔いなく人生を終わりたいと話されていた。

田部井さんの事をちょっと調べてみたら登山以外でもいろんな審議会等の委員もされている

中央環境審議会委員 日本山岳会評議員、昭和女子大学理事、尾瀬保護財団理事、ニッセイ緑の財団評議員、イオン環境財団評議員、住友生命健康財団評議員、住友生命相互会社審議委員 福島県のしゃくなげ大使 その他本の執筆、講演 ・・・

70歳にしてこのバイタリティに脱帽。
[PR]

by haru3yama | 2009-12-20 20:11 | 雑記

崩 平 山(くえんひらやま)   

2009年 12月 16日

九重でずっと気になっていた山がある。
九重連山から少し離れた所にある山、崩 平 山(くえんひらやま)1288m大分百名山

以前、山の雑誌、グリーンウォーク冬号に
お勧めの雪山で紹介があったので今回下見の意味で登ってみた。

朝日台レストハウスの裏の林道を右に車で上っていくと
5分ほどで登山口に到着。
林道は荒れているところもあるが普通車でもゆっくり走れば問題ない。
b0168843_18383627.jpg


冬枯れの感じが良い登山道だ
b0168843_18385346.jpg
b0168843_18391489.jpg

途中林道歩きもあり黒土でぬかるみずるずる滑るすべる・・・・
何とかそこを避けながら歩くがかなり気を使う。
b0168843_18394737.jpg


崩平山頂上
晴れていたら由布岳から久住連山が一望らしいがガスがかかりだし全く見えなかった。
この山は雪が積もって天気が良い日に登れば最高のような気がする。
今度は雪の日に登ってみよう。
b0168843_18392926.jpg



さて、今日のお目あては 宝泉寺温泉の宿 みやこ

ここで息子夫婦と待ち合わせ。

週末利用でも1泊2食付4980円※あるところの会員価格

食事は文句なし 温泉も源泉掛け流しだし結構良い。
また、湯めぐり企画でここの浴衣を着て行けばどこでも無料で入り放題。


b0168843_184232100.jpg
b0168843_18425524.jpg

孫と湯めぐり出発 孫走る!
b0168843_18432780.jpg

b0168843_2036379.jpg

孫の初登山は近いかな。
b0168843_20464191.jpg

[PR]

by haru3yama | 2009-12-16 18:04 |

新人登山研修   

2009年 12月 07日

登山は初めてという若い新人2人をどこかの山につれて行かなければならなく
なりました。
しかしちょうど 花や紅葉の時期も終わり山には何もありません。
又新人二人がどの程度の体力があるのかも不明ですので久住あたりに行って
動けなくなり遭難騒ぎになっても大変です。

さて、どうしようかと悩みましたが結局地元の裏山「若杉山」にいく事にしました。
ここなら少々のトラブルでも大丈夫です。

しかし ただ若杉山にだけ登るのは面白くないので
前日、Hiroが一人で下見に行ってゆっくり歩いて7時間というコースを歩くことにしました。
皿山公園~若杉林道~若杉山~米の山~岳城山という周回コース約12kmです。
b0168843_15442337.jpg


b0168843_1931149.jpg

皿山公園を10時出発です。

b0168843_13155579.jpg

若杉林道には最後の色付いた葉が残っていました。

b0168843_14433142.jpg



「挟み岩」 どんなにやせていても心にやましい事をもっている
悪い人は通れないという有名な岩。
無事全員通過できて一安心です。

b0168843_13162386.jpg


新人2人の山登り初登頂でうれしそうです。
出発から1時間40分まだまだ元気です。

b0168843_13163884.jpg


[若杉ヶ鼻]
 ここからずーと向こうの宝満山まで行けるというと二人共目まるくしていました。
b0168843_13165680.jpg


彼は高所にも対応できるようです。 なかなかの希望の持てる大型新人です。
b0168843_13171224.jpg

昼食休憩です。

b0168843_13173634.jpg

米の山では天気も良くなり展望も開けます。

b0168843_1323670.jpg

b0168843_1318107.jpg


岳城への最後の登りです。 直登コースで鍛えてあげます(笑)
b0168843_13183232.jpg


ここからの眺めも抜群です。
b0168843_13193038.jpg


朝10時に出発して午後4時に下山 歩行距離 約12kmという初登山にしては
ちょっと無謀だったかなと思いましたが下山後2人に感想を聞くと
2人とも「余裕!」と言っていました。
将来が楽しみな新人の登場です。
[PR]

by haru3yama | 2009-12-07 14:31 |