<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

三郡山 P856西尾根コース (5月31日 日曜日)   

2010年 05月 31日

昭和の森から難所ヶ滝に行くときに駐車場から30分くらいのところにある
分岐がいつも気になっていた。 
入り口は木々で塞がれているが先を見ると赤テープは所々に見えている。
調べてみるとP856西尾根コースというらしい。
かなりの急登のようだ。
この頃、楽々コースばかり行っているので、たまには体に活を入れなければいけないと
早速「ほっつき歩きさん」のHPで下調べをして登ってみた。

期待に違わずなかなかの急登だった。
それもテープを探しながらのルートファイティング。
両手両足をフルに使う登りは久しぶり。何だか楽しい。

途中、これを下りに使う時はどんな具合かなと少し下ってみた。
ところがこれが間違いの元だった。
案の定滑って転んだ。そしておまけにテープを見失ってしまった。

登りは尾根を行けばいいので比較的分かり易いが
下りは尾根を一旦外すと、自分がどこにいるのか分からなくなる。

仕方がないのでコンパスで方角だけ合わせて下り何とか最初の
分岐まで戻って再スタート。
このコースは下りに使うのは覚悟がいる。それほどの急登だ

三郡山まで足を延ばし椿谷Bコースで昭和の森に戻った。
4時間ほどだが良い運動となった。
b0168843_20514243.jpg


b0168843_2052211.jpg


西尾根の入り口  一般登山者が入っていかないように木止めがある
b0168843_11205761.jpg

写真では分かり難いが強烈な登り
b0168843_20522779.jpg


b0168843_20523939.jpg


所々しゃくなげの木もあった。
b0168843_20525451.jpg


難所ヶ滝コース出会い
b0168843_20532531.jpg

反対側から写すと三郡縦走路から来た時に間違えて直進しないようにロープが張ってある所


三郡縦走路は新緑で清々しい
b0168843_20535867.jpg


b0168843_853859.jpg
b0168843_8532061.jpg

[PR]

by haru3yama | 2010-05-31 20:37 |

あけぼのツツジ 五葉岳 宮崎県 5月4日 晴れ   

2010年 05月 04日

青空に映えるピンクの花アケボノツツジを見たくて 宮崎県の五葉岳に登りました。

ここの山域は数年前にも計画していたのですが大雨で林道が通れず断念していました。
今年は道路補修も済んで大丈夫です。
福岡からだと登山口まで4-5時間かかりますので
日之影町見立の民宿「河鹿荘」に前泊し翌日に登る計画を立てました。

前日、阿蘇山とくじゅう山周辺の秘密の花園で珍しい花?をいくつか撮って民宿「河鹿荘」に到着です。

                肥後イカリソウ サクラソウ
b0168843_1617858.jpg



河鹿荘 「日之影町見立2052、0982-89-1112」
b0168843_15481222.jpg


ここ河鹿荘の主人「藤本さん」は五葉岳周辺、傾山に造詣が深
く五葉岳周辺の登山道の整備もされています。
「九重・祖母・大崩を歩く」の本の中でも紹介されています。
b0168843_15484965.jpg


朝、6時に出発予定と伝えると5時30分に朝食を準備し弁当も作ってくれるとの事で
すごく助かりました。
また本当に人の良さそうな方で話しやすい方でした。
b0168843_15505353.jpg

料理も山菜料理で味つけも良く満足でした。写真の料理+美味しい鹿汁が付きます。
1泊2食(ビール1本)+弁当で二人で 一万円弱はかなり安いと思います。
今後、この山域の登山での宿はここに決定です。


宿の裏は日之影川が流れています。とても綺麗な川でヤマメも泳いでいます。
b0168843_15585975.jpg

b0168843_160510.jpg

日隠林道~登山口(07:00-07:20)~ヤマシャクヤク群落地(08:00)~お化粧山(08:25)~ブナの三叉路(09:00)~お姫山(09:20)~五葉岳(10:00)~夏木山分岐(10:20)~兜巾岳(10:50)~昼食(10:50~11:30)奥州屋の別れ(11:35)~大吹鉱山跡(12:30)~登山口(13:20)


悪路で有名な日之影林道を約9km 30分ほど走ります。
ジムニーでは問題ないですが車高の低い普通車ではかなり慎重に運転しないと底を打つ心配があります。
登山口です。 7-8台位は駐車できます

b0168843_16482191.jpg

b0168843_16503299.jpg


途中にやましゃくやくの群生地があります。 まだ、ほとんどつぼみでした。
b0168843_16535688.jpg

b0168843_16541359.jpg


b0168843_1656161.jpg


b0168843_16565261.jpg


お姫山頂上です。 アケボノつつじはまだつぼみでしたが祖母山、傾山、大崩山等見渡せて
眺望は抜群です。
b0168843_1743197.jpg


あけぼのつつじです。青空に良く似合います。
b0168843_16571778.jpg

夏木山への分岐も確認しました。 ここから1時間30分位でしょうか?
いつか歩いて見たいところです。
b0168843_16582736.jpg

夏木山分岐からトッキン岳にかけてのアケボノツツジの多さには驚きました。
残念ながらまだ ほとんどつぼみの状態でしたがこれが満開の時は素晴しい光景だろうと
想像しながら歩きました。
b0168843_172067.jpg


b0168843_177810.jpg

b0168843_1772441.jpg

兜巾岳頂上です。静かで良いところです。
b0168843_174961.jpg


兜巾岳から傾山の眺望です。秋の紅葉時に登りたいと思います。
b0168843_1774895.jpg



帰りは奥州屋尾の方面へ歩きます。 「初心者要注意」と書いてありますが要所、要所に
案内札(河鹿荘の藤本さん作成)があり問題なく歩けました。
b0168843_1795688.jpg

大吹鉱山跡駐車場です。
b0168843_1728135.jpg

大吹鉱山跡から登山口にかけての林道にもやましゃくやくの群生地がありその数は驚くほどでした。
ゆっくり撮影しながら歩きます。
b0168843_17133613.jpg

b0168843_17173050.jpg

今回の登山でこの山域のあけぼのつつじはもちろんですが、やましゃくやくの花の多さには
驚きました。 くじゅう山域では男池周辺に少し見られるくらいの
ようですがここではいたるところに群生地があります。
いつまでもこの自然豊な美しい山域を残していきたいものです。
[PR]

by haru3yama | 2010-05-04 23:22 |