<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

平治岳 「 時間よ~ 止まれ~♪♪」   

2010年 06月 13日

平治岳(ミヤマキリシマ) 6月12日(土)
吉部~(小窓ルート)~北尾根~平治岳~大戸越~坊がつる~吉部沢沿いコース 

大分山日記の管理人 よっちゃんの企画でミヤマキリシマを眺めながら
平治岳 北大船山 大船山 立中山 白口岳 扇ヶ鼻 岩井川岳 の7つの
峰を歩くという超過激な誘いがあった。
朝 3時30分にくじゅうに集合・・・
さすがにこの時間は前日の仕事の関係上、厳しそうなので少し遅れて後から追いかけることにした。 もちろん全部は無理なので行ける所までだが。

朝6時 吉部を出発する。 天気は良い。予報では午前中は何とか持ちそうだ。
北尾根ルートを歩くのは2年振りだがやはり結構きつい。

山頂直下の平治の尾に着いて山頂を見上げるとガスが発生してきた。
天気よ 崩れるのはもう少し待ってくれ~と思いながら必死で登る。
ハア、ハア言いながら山頂に着くと そこは別世界だった!
満開のミヤマキリシマ 山頂全体がピンク色に染まっていた。

時の経つのも忘れてしばし佇み
満開のミヤマキリシマをカメラに収め風景を楽しんだ。

天気も上々♪ 景色も上々 ♪気分も上々♪  
至福のひと時・・・・・このまま 「時間よ~ 止まれ~♪♪」


平治の尾もいい感じで咲いていた。
b0168843_19172275.jpg

平治岳山頂 ここから見る三股山 久住山はすごく絵になる場所だ。
b0168843_19173750.jpg
b0168843_19175042.jpg
b0168843_1918522.jpg
b0168843_19183433.jpg

目の前は断崖絶壁だがカメラを手にした時はどんな場所でも怖いものなしです。(笑)
b0168843_19185486.jpg
b0168843_1919973.jpg
b0168843_19192041.jpg


b0168843_19505832.jpg


目の前にピンク色の山を眺めながらで昼食は美味しかった。
b0168843_1920370.jpg

帰りは暮雨の滝から反対側に渡渉して沢沿いコースで吉部へ戻った。

b0168843_2013239.jpg

[PR]

by haru3yama | 2010-06-13 23:33 |

秘境 ナメ滝を探しに   

2010年 06月 06日

6月6日 日曜日 晴れ
今日は平治岳登山の予定だったが地域の草刈の行事が入っていたのを
すっかり忘れていた。
6月の第一日曜日。そういえばいつもミヤマキリシマの一番良い時期にこの行事がある。
8時から作業開始。意外と早く終わり時計を見るとまだ10時だ。
それから定番の図書館に行く途中にふっと先週P856西尾根コースを歩いたときに手にした地図にナメ滝という表示があったのを思いだした。

三郡山の難所ヶ滝は氷爆で有名だが冬季以外に難所ヶ滝に行っても
どれが滝?という位いただの岩壁だがこのナメ滝は非常にきれいな流れを持つ滝らしい。
ちょっと探検に昭和の森へ向かった。

b0168843_16155081.jpg


昭和の森の上部にある草ヶ谷ダムから登り始める。
b0168843_1632585.jpg


こけむした良い感じの沢だ。 
b0168843_16165343.jpg


何箇所かの堤を越えたところに澄んだ水をたたえた大釜があった。
ヤマメでも居そうな清流だ。
b0168843_1618126.jpg


途中 枯れ沢になったり谷が分かれたりして中々分からなかったがあっち行ったりこっち行ったりてついに見つけた。ナメ滝 その名の通り底をナメるように水が流れている。
b0168843_16354913.jpg

まるで天然のウオータースライダーだ。長年の水流できれいなポットホールができていた。かなり深いようだ。
夏は気持ち良いだろう。しばし写真を撮り往路を戻った。 
b0168843_16351371.jpg



[PR]

by haru3yama | 2010-06-06 23:07 |

ジムニー (軽) で車泊は可能か?   

2010年 06月 01日

SUZUKI ジムニー

登山口近くの狭い林道(悪路)走り、対向車との離合時や狭い場所での駐車
雪道での走行の安定性など数えれば切がないほどジムニーの魅力はある。大好きな車である。
しかしただ一つだけ不満がある。
それは 車泊ができない事である。
朝駆け登山や前泊しての登山では車中泊はかかせないが
普通車の4駆に比べて圧倒的に狭い車内スペースゆえに足を伸ばしてゆっくり寝ることが出来ない。

一応ジムニーのシートはフルフラットになり小柄な女の人なら何とか足を伸ばして
寝れそうだが170cm以上の男性は無理だ。

この問題を解決できればアウトドアではジムニーは名実共に最強の車となるはず。
そこで狭所空間の魔術師 巨匠 Haruが立ち上がった!なんのこっちゃ(笑)

さて その難問を解決する方法だ。
ノーマルでは後部座席の跳ね上げが邪魔で前席が倒れない。
通常、ジムニーの後部座席に人が乗ることはないのでこれは取り外して倉庫に保管しておく。
ボルトを2本外すだけで簡単に外れる。
b0168843_19205121.jpg


通常はスノコを2枚ひいておき荷台として使用する。
こうしておけばノーマル時より荷物も載せやすい。
b0168843_19211082.jpg


車泊時は前席を倒してその上にスノコを引いてクッションを置けばフルフラットの
状態となり快適な寝室空間の完成。170cmのHaruでも余裕で寝れる。 この間、約1分で超簡単。
b0168843_19212469.jpg
b0168843_19213789.jpg
b0168843_19214886.jpg


車泊バージョンでは荷物はある程度座席の下や荷台の下の空間に置けるが
さすがに大きな荷物は置けないのでルーフキャリアも導入する。
最後に後部座席の窓と後部窓にスモークフイルムを貼って車泊仕様の完成。
さぁ これで最強のジムニーとなった・・・・かな?

b0168843_1944275.jpg

[PR]

by haru3yama | 2010-06-01 20:20 | 雑記