<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

サギソウ    

2010年 07月 25日

くじゅうと阿蘇に花散策にいった。
b0168843_18572982.jpg


サギソウを目の前で初めてみた。
真っ白で本当にシラサギが羽を広げて飛んでいるように見えた。
これからたくさん咲くようで楽しみだ。

b0168843_18591639.jpg


b0168843_1903230.jpg


b0168843_18124461.jpg

今日の花
b0168843_18145943.jpg

[PR]

by haru3yama | 2010-07-25 23:09 | 花散歩

倉木山   

2010年 07月 18日

7月18日 日曜日
梅雨も明け
朝,雲一つない快晴の中、花の宝庫と言われている由布市の倉木山へ

登山口に着くと小雨がぱらつく天気になったがレインコートを着て登りはじめた。


登山口から倉木山
b0168843_8563534.jpg

b0168843_8462570.jpg

山頂から由布岳

b0168843_8533015.jpg


美しい草原の山 飯盛ガ城を写す。今度はここにも登ってみたい。
b0168843_8542646.jpg


b0168843_8553738.jpg


倉木山登山の後、くじゅうのタデ原湿原に行っってみた。 いろんな花が咲いていた。
b0168843_8575373.jpg

少し時間があったのでくじゅう自然研究路を散策してみた。
普段の登山では中々歩かない所だがとても静かでいい感じの散歩道だった。
花でもなく山頂でもなく ただ、ただ
水と緑、そして鳥のさえずりを聞きながらゆっくりと気持ちよく歩けた。
たまにはこんな歩きも良いものだ。

b0168843_8591823.jpg
b0168843_85955100.jpg

歩いていると虹が出た 手を伸ばせば届きそうだった。
b0168843_923729.jpg

今日の花
b0168843_932732.jpg

[PR]

by haru3yama | 2010-07-18 23:20 |

祖母山でオオヤマレンゲを10年分楽しむツアー   

2010年 07月 05日


以前 GEN師匠に祖母山のオオヤマレンゲは凄いよ~と聞いていたので
一度その時期に行って見たいとずーっと思っていました。

結構深い山域なのでHiroと二人で行くのはちと心細く
この頃、GEN師匠の方は空の彼方へ行かれてしまわれて(笑)
なかなか祖母山系には行く機会がありませんでした。 

そこに
大分山日記のよっちゃん   から「祖母山でオオヤマレンゲを10年分楽しむツアー」の招待状が届きました。

神原登山口から登って9合目小屋で宿泊し
★オオヤマレンゲ観賞
★夕暮れ登山 (祖母山山頂)
★宴会
★早朝ご来光登山 (祖母山山頂)
★下山後 昼食付温泉         という超豪華版です。

今回土日を一泊するにあたり仕事の方でいろいろと障害はありましたが
「行きたい!」という一心で無い知恵を絞り、策をねり何とか参加できました。
しかし天気予報はめまぐるしく変わり決行かどうかは当日
竹田市に着いてから決定するというギリギリの選択です。
10時集合でしたが9時頃には全員集合されていました。
みなさん登る気満々で「どうする?」という言葉は誰も発されません。
そのまま 当たり前のように肉の買出しに行って登山口へ向います。


神原登山口は立派な駐車場ときれいなトイレが完備しています。
b0168843_19152280.jpg

b0168843_19153352.jpg



五合目小屋です。 結構立派で寝泊りも可能のようです。
b0168843_19154694.jpg


9合目小屋です。 
b0168843_191673.jpg


実はここに到着するまでにかなり強い雨が降って雨具は着ていましたが
足の先から頭までびっしょり濡れています。
この雨濡れは想定内でしたのでそう問題はなかったのですが
体力の方が五合目を過ぎた後から急になくなりました。

それも尋常ではない初めて経験するような気つさです。
原因が全く判らずザックが重いからかなぁと他の方に
中身を少し抜いてもらい代わりに持ってもらいましたが
気つさは変わらずとうとう足もつり出しました。

「もう歩けん・・・・」「途中撤退か・・・」という言葉が頭をよぎりましたがなんとか頑張って
歩き9合目小屋に到着しました。

祖母山は結構体力のいる山とは認識はあり
自分の体力等を冷静に考えると問題ないと思っての参加だったのですがこのていたらく・・・
体力のなさに完全に自信をなくしてしまいました。

しかし、すき焼きを食べてビールを飲むとウソのように元気になりました(笑)
足は軽い肉離れ状態だったようで痛みはありますが体力は完全に回復しました。

もしかして「塩分不足では?」とhirokoパパさんに言われて、
考えて見ると今日の登山中は水を大量に飲んだけど
何も口にしていませんでした。
普段は ポケットに飴玉とか塩昆布とかを入れて少しづつ
食べているのですが今日に限ってポッケにはなにも入れていませんでした。

早速調べてみたらどうもそれが原因のようです。

=============================
汗を大量にかいて、水分とともにナトリウムやカリウムなどの塩分も、汗として失われてしまっているのに、水分補給として真水やお茶など、塩分を含まない飲料水を摂取すると、血液の塩分が薄まってしまいます。
塩分のバランスを保つために、血液から水が細胞の方へ移動したり、発汗が促進したりして、血液からどんどん水が失われていきます。
結果として、水を飲んでいるにも関わらず脱水になってしまうのです。

こうなると、運動に必要な血液循環量が確保できなくなったり、塩分の不足による筋肉の痙攣が
起ったりします。呼吸筋の痙攣が起こる事もあり、大変苦しくなります。
この種の脱水は、適正な塩分補給をする事によって防ぐことができるのです
================================
翌日はそよかぜさんからもらった最高級の塩を舐めながら下山し何の問題もありませんでした。

今回は良い勉強をさせてもらいました。 塩分補給 もう絶対に忘れません。


b0168843_19164396.jpg

よっちゃんの手際よい鍋さばきに感嘆し、とても美味しいすき焼きに感動でした。
b0168843_19165977.jpg

翌朝 ついにあこがれの祖母山山頂に・・・・・ガスで何も見えなくても 感動!
b0168843_19171329.jpg


あれが傾山 あれが前障子あれが古祖母山とあそに見える縦走路が良いのよと
そよかぜさんの山の講義です。 本当に見えるようでした。
b0168843_19172429.jpg


hirokoパパさんとhirokoさんです。
b0168843_19193276.jpg

b0168843_19221630.jpg


咲き乱れていたオオヤマレンゲ 本当に可憐できれいです。
b0168843_19222893.jpg
b0168843_1922475.jpg

今回、よっちゃん そよかぜさんのおかげで 祖母山の咲き乱れるオオヤマレンゲを堪能することが
できました。 。また、山馬鹿さん Yさん hirokoパパさん hirokoさん達と
ご一緒できてうれしかったです。楽しい2日間をありがとうございました。
祖母山 また、行きたくなりました。
b0168843_19225654.jpg

[PR]

by haru3yama | 2010-07-05 05:01 |