<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

今月の読書覚書   

2011年 05月 28日

本を読むのが好きだ。 
どこに行くにも必ず数冊はバックに入れておく。
朝、パンをかじりながら 昼,弁当を食べながら読む。
又、仕事柄ちょっとした隙間時間(10分~15分)が数回できる時があり
この時間は読書タイム。

本は併読派で必ず3ー4冊ほど同時に読んでいる。
家で読む本、会社で読む本、図書館で読む本がある。
あっち読みこっち読み。
途中で面白くないと思ったらそのままその本は読むのをやめる
だから基本的に最後まで読んだ本に駄作はない。

いろんな本を読んで自己採点★4以上の本にめぐり合えたらうれしい。

以前、くじゅうの坊がつるキャンプ場でテントを張って文庫本を
読んでいる人がいた。
山から降りてきて温泉につかり夕食後、日が暮れるまでテントの中で
ひと時の読書なのか・・・・ なんと豊かな時間なんだろう。


5月の読書覚書


b0168843_952547.jpg

自然と国家と人間と 野口健 

山岳清掃登山等は売名行為だとの
批判も聞くが彼の自然環境問題への取り組みは本物
★2.5




b0168843_95421.jpg

かたちだけの愛  平野 啓一郎

事故で片足を無くした美人女優と、
その義足を作るデザイナーの話
★2




b0168843_955978.jpg

被取締役新入社員 安藤 祐介 

ダメ男・鈴木信男はたまたま試験を受けた一流広告代理店に入社する。社長から彼に与えられた使命は、他の社員の軽蔑や罵詈雑言を一身に浴び、社内ストレスの“はけ口”となること。表向きは制作局のアシスタントディレクター、実は役員待遇「年収3000万円」の被取締役。第1回ドラマ原作大賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)

駄目人間のように見えて実は凄い人 の話のようだが「実」も駄目な人
しかし、それが役員待遇の条件。 結構楽しめた。★3


b0168843_962835.jpg
白き嶺の男 谷 甲州 

本格山岳小説 
全5話の短編だがいい味出してる。
★4






b0168843_973760.jpg
世界一強い女 江口 美幸 

本の虫の女子大生が運動不足解消に始めたカラテとの出会い、
格闘技の面白さ、強くなることへの歓び、「世界一強くなる」
という夢に向かっての稽古の日々、悲願の世界制覇までを綴ったスポーツノンフィクション。 (「MARC」データベースより)



極真空手女子世界一の彼女と
真剣の試合をしたら勝てるだろうか?
と空想してみた。
僕も若い頃、若干だが柔道、少林寺拳法と
格闘技の経験がある身。
145cm足らずの女の子に簡単に
負けるはずがない・・・・・・

               「始め!」の合図から数秒後パンチ、キック
                雨あられの攻撃を受けてノックダウンしている自分が見えた。
                ★3.5



b0168843_965282.jpg
「本日、サービスデー」朱川湊人
世界中の人間には、それぞれに一日だけ、
すべての願いが叶う日がある。
それが、サービスデー。
神様が与えてくれた、特別な一日。
本来は教えてもらえないその日を、
思いがけず知ることになったら。
直木賞作家の幸運を呼ぶ小説。
 
          全5話の短編集 
          タイトル作の「本日、サービスデー」は
          面白かった。
          最近の読んだ小説ではNo1
          ほのぼのとして最後もハッピーエンド
          ★4.5
[PR]

by haru3yama | 2011-05-28 07:00 | 読書

尾鈴山 (諸塚山、二上山)白岩山  花三昧登山   

2011年 05月 08日

5月7日~8日
宮崎微少女隊putalyさん、きのこさんの企画で
宮崎の尾鈴山へ 翌日諸塚山(二上山)白岩山に登った
当日微妙な天気だったが幽玄の世界のアケボノツツジやシャクナゲも幻想的で素晴らしかった。


登山口下に立派なトイレ完備
b0168843_18394088.jpg

登山口
b0168843_1759412.jpg

アケボノツツジの絨毯の上を歩くputaly隊長
b0168843_17595342.jpg

新緑のミツバツツジも綺麗だ
b0168843_1802287.jpg

もみじ何とか?名前を忘れたが食用にできて美味しいらしい。
b0168843_1803528.jpg

ついにアケボノツツジが現れる。
b0168843_1805741.jpg
b0168843_181765.jpg

シャクナゲも綺麗だ
b0168843_1840260.jpg

b0168843_181144.jpg

中々見ることができないヒカゲツツジとアケボノツツジの競演
b0168843_1812568.jpg


尾鈴山のアケボノの木は驚くほど大きい。
b0168843_1813630.jpg
b0168843_1814725.jpg

山頂にはたくさんの登山者がいた
b0168843_18208.jpg

そして、漁師民宿 磯亭でお楽しみの宴
新鮮な刺身と美味しいおかずでお酒もすすむ。

これ以外も、きのこさんの手作り(イタドリの炒め煮、干ししいたけ佃煮 竹の子の煮付け)の山菜料理 岩崎先生 差し入れの一升瓶のワインや清酒やペットさんの手作りの酒や
その他皆さんの差し入れがたくさん出てきた。どれもこれも美味しく戴く。

又、微少女隊特別企画 ジャンケン抽選会では幻のバクダン焼酎「ハナタレ」
が当たってVERY HAPPY!
この焼酎 中州ではお猪口 一杯で数千円するとても美味しい焼酎らしい(いーさん説)
やはり日ごろの行いが良いからだろう(笑)

b0168843_182994.jpg

b0168843_19145310.jpg

putaly隊長のワインの飲みっぷりは素晴らしい。一升瓶を空けてしまわれた。
b0168843_1821818.jpg


翌日は (宮崎組 熊本組)と 福岡組で分かれて 福岡組は(諸塚山、二上山)白岩山へ
向う。
b0168843_1823360.jpg

諸塚山、二上山は山頂直下まで車で行けてアケボノツツジが手軽に見ることができる。

b0168843_19182232.jpg

諸塚山の次に二上山の登山口を確認して白岩山へ移動 このあたりから良い天気になってきた。
b0168843_183845.jpg


白岩山の山頂は抜群の眺望だ。熊本県の最高峰 国見岳や数日前登った京丈岳も見える。

b0168843_183209.jpg
b0168843_1832893.jpg

キリタチ ヤマザクラ 青空に映える
b0168843_1833665.jpg

ほんとうに 楽しい二日間だった。企画をされた宮崎微少女隊に感謝!
[PR]

by haru3yama | 2011-05-08 23:06 |

京丈山   

2011年 05月 05日

5月4日 (晴)

熊本県五家壮の京丈山 ハチケン谷 登山コース

今年は花の時期が遅れているらしく山芍薬はまだ早そうだが代わりにカタクリの花が
見られるらしいとの情報の元、京丈山に登った。

ハチケン谷 登山口 このあたりに10台位の駐車スペースがある。
b0168843_13293371.jpg

約2.5km位 1時間ほどの林道歩きだが広くて回りは自然林なので
すごく歩きやすくて気持ちがいい。
b0168843_13294293.jpg

ここから登山道に入る
b0168843_17102329.jpg

b0168843_1712821.jpg

気持ちのいい登山道だ
b0168843_17122477.jpg

山芍薬はやはりまだつぼみだった。
一輪でも咲いていないかと探したが見つからなかった。開花まで後10日位だろうか?

b0168843_1332168.jpg



ゆっくり歩いて約2時間30分で山頂に着いた。山頂には多くの登山者がいた。
いろんなコースから登ってこられたのだろう。 
b0168843_13504073.jpg

山頂付近でカタクリの花が数輪咲いていた。 何度見てもカッコいい花だ。
b0168843_1335169.jpg
b0168843_1335992.jpg
b0168843_13351984.jpg

他の花もいろいろ咲いていた。
b0168843_13354065.jpg
b0168843_13355058.jpg
b0168843_1336095.jpg

このサバノオの群生には驚いた。
b0168843_13361531.jpg


下山後まだ少し時間があったので
3km位、離れた別の登山口、ワナバ谷コースからも登って見る事にした。
b0168843_13554488.jpg

このコースはハチケン谷コースと違い中々ワイルドだ。
b0168843_1465521.jpg


時間切れのためコース半ばで折り返したが面白そうなコースだった。
次回はこのコースで登ってみよう。

ハチケン谷コース~ワナバ谷コースで周回することも出来そうだ。
両コース間の林道歩きがネックだが自転車をデポすれば問題なさそう。
b0168843_1473891.jpg

[PR]

by haru3yama | 2011-05-05 23:38 |

阿蘇 お竈門山(おかまど山)(1152.5m)   

2011年 05月 02日

5月2日 月曜日

昨日から黄砂がひどく晴れなのか曇りなのかわからない中
前から登ってみたかった阿蘇のお竈門山(おかまど山)に登ってみた。
うわさ通りのやせ尾根で高度感たっぷりの登山となった。
b0168843_1175578.jpg
b0168843_118711.jpg

頂上に白色のヒカゲツツジが咲いていた

b0168843_1185566.jpg


b0168843_1118524.jpg

ここから烏帽子岳まで縦走できるようだ。
b0168843_1119588.jpg

下山後、サクラソウとヒゴイカリソウの群生地に行った。
どちらの花も見渡す限りに咲いていて綺麗だった。
b0168843_1191857.jpg
b0168843_1193040.jpg
b0168843_1193855.jpg

[PR]

by haru3yama | 2011-05-02 23:01 |